HOME > お知らせ >肝細胞研究会代表世話人退任のご挨拶

お知らせ

肝細胞研究会代表世話人退任のご挨拶

代表世話人 吉里勝利

6月27日(金)から28日(土)の二日間、静岡市の静岡県男女共同参画センター「あざれあ」において第15回肝細胞研究会が開催されました。200名弱の参加者を迎え、質疑応答の活発な大変有意義な会でした。主催していただいた塩尻信義先生をはじめ静岡大学などの方々に厚くお礼申し上げます。この会期中に、常任世話人会と世話人会が開催され、今後の研究会運営に関することが決まりましたのでそのうち会員の皆様に直接関係することをご報告致します。

  1. 平成20年7月から3年間、新しい代表世話人として鹿児島大学大学院消化器疾患・生活習慣病学の坪内博仁先生が選任されました。
  2. 新しい世話人として、立命館大学総合理工学院生命科学部生命医学科の西澤幹雄先生、筑波大学大学院人間総合科学研究科消化器外科の大河内信弘先生、そして北海道大学大学院医学総合研究科分子制御外科の尾崎倫孝先生が承認されました。
  3. 来年(平成21年)の学術集会は、当番世話人である山形大学医学部消化器病態制御内科の河田純男先生から、平成21年6月26日(金)、27日(土)に、山形テルサ(山形市)で開催されることが報告されました。
  4. 再来年(平成22年)学術集会当番世話人(会長)として、秋田大学医学部病理病態医学講座分子病態学分野の榎本克彦先生が選任されました。
  5. ホームページ委員会を設置することが承認され、委員長に静岡大学理学部の塩尻信義先生が推薦され承認されました。
  6. 年次大会への参加予定者を事前に把握できるようにすることになりました。

平成17年から3年間、研究会の代表世話人を務めさせていただきました。任期中、会員の皆様のご協力を得て、肝細胞研究会ホームページを開設できて嬉しく思っております。真の意味で異分野の研究者が集い、肝臓学の多面的な側面を境界領域的発想で議論する大変ユニークな研究会である本会の今後の活動の核として、年次大会と共にホームページを活用していただきたいと思います。

本会が今後とも発展していくよう会員の皆様の積極的参加をお願いします。3年間のご協力に感謝申し上げます。