HOME > 研究会概要 > 研究会活動紹介 > 「第25回肝細胞研究会」を開催して

研究会概要

「第25回肝細胞研究会」を開催して

第25回肝細胞研究会会長
埼玉医科大学 健康推進センター/大学病院 消化器内科・肝臓内科
富谷 智明



本研究会も早いもので第25回、丁度四半世紀経ちました。この記念すべき会を、2018年7月12日(木)、13日(金)の2日間、東京都文京区の東京大学伊藤国際学術研究センターにおいて開催させて頂きました。少し汗ばむ陽気でしたが天候にも恵まれ、250名もの方々にご出席頂くことができました。

今回はメインテーマを「肝臓を創る、肝臓を治す」とさせて頂きました。一気にこれが達成できる訳もなく、何を夢みたいなことを、と言われそうですが、基礎・臨床の研究者が同じ土俵に集うという極めてユニークな本研究会が目指す所、いつの日かは到達したい所ではないかと考え、それに至る道筋を討論し少しでも距離を縮めることが出来ればと思い、このテーマにさせて頂きました。

 特別講演は東京大学分子細胞生物学研究所発生・再生研究分野の宮島 篤先生に「肝臓の発生・再生:基礎と臨床の汽水域」のタイトルでお話し頂きました。今までの膨大な研究成果をお示し頂き大変勉強になっただけでなく、更に前に進んでおられるお姿は大いに聴衆の刺激になったと思います。シンポジウムは“肝臓構築のための基盤整備”と“肝不全治療への応用を目指したサイエンス−基礎と臨床から−”の二題と致しました。今回のテーマを意識したものですが、基礎、臨床からの多数の御応募を頂き、司会の先生方に構成の段階からご尽力頂きました。当日は高度な内容の発表と活発な討論が行われ、「肝臓を創る、肝臓を治す」に少しは近づけたのではないかと思っています。一般演題は幅広く肝の構成細胞・肝臓の研究をご応募頂きました。どれも充実した内容であり、出来るだけ発表時間、討論時間を取る様に心を砕きました。細胞レベルでの精緻な研究から、生体、whole bodyの中での肝細胞研究に至るまで、喧々諤々の議論もあり、研究者同士、互いに得るものがあったのではと感じています。ランチョンセミナーはエキスパートお二人から、転換期を迎えているB型・C型ウイルス肝炎治療を中心としたお話しを頂きました。現在の肝臓治療の中心地点をご理解頂けたと存じます。

研究発表において重要なもう一つの要素であります一般演題の座長ですが、今回は極力基礎系と臨床系の先生の2人組、また比較的年齢差のある組み合わせとさせて頂きました。これはどの演題も多様な視点からの討論を頂くのが目的で、討論の活性化に一役買ったかなと考えています。また、一部の若手の先生にはご自身の研究分野を超えたところをお引き受け頂きました。これは、この研究会を更に発展させ、背負って立って頂くにはこれを機会に更に幅広く興味を持って頂きたいとの思いからです。ご無理を言いましたが、私の勝手な期待の表れと思ってご容赦下さい。座長の先生の活躍も、見ていてとても楽しいものでした。

今回ポスター賞は当初4人と告知しましたが、25周年にちなんで5人にお送りさせて頂きました(九州大学 生体防御医学研究所 器官発生再生学分野 従野雅義先生、早稲田大学大学院 先進理工学研究科 生命医科学専攻 大串悠斗先生、静岡大学 創造科学技術大学院 自然科学教育部 バイオサイエンス専攻 太田考陽先生、東京大学 定量生命科学研究所 幹細胞創薬社会連携部門 山田みなみ先生、大阪大学大学院 薬学研究科 木部友貴先生)。若手の方々の喜ばれている姿を見るのは嬉しいものですし、今後のご発展を心からお祈りさせて頂く次第です。尚、懇親会は学内のイタリアンレストランで行わせて頂いたため、こちらはシニアに少しチャレンジングかなと思いましたが、想定以上に老若男女楽しんで頂けた様でホッとしております。

最後に、無事閉会を迎えることができ、本研究会に参加していただいた皆様方、運営に協力頂いた諸氏、協賛していただいた企業の方々に心から感謝申し上げます。本会が今後更に25年、50年と発展していくことを心から願っています。

ポスター賞

P2-2 従野雅義(九州大学 生体防御医学研究所 器官発生再生学分野)
肝細胞へのダイレクトリプログラミングを阻害する転写因子の同定
P3-1 大串悠斗(早稲田大学大学院 先進理工学研究科 生命医科学専攻)
2型糖尿病における肝臓のGpnmbの発現と機能の解析
P4-1 太田考陽(静岡大学 創造科学技術大学院 自然科学教育部 バイオサイエンス専攻)
脊椎動物における肝臓構築の進化発生学的解析と胆管誘導因子Jag1 の比較ゲノム解析
P4-3 山田みなみ(東京大学 定量生命科学研究所 幹細胞創薬社会連携部門)
転写因子Kruppel-like factor 5による 胆汁うっ滞性肝障害時における肝内胆管のリモデリングの制御機構
P5-6 木部 友貴(大阪大学大学院 薬学研究科)
腫瘍溶解性ウイルス製剤であるレオウイルスのドラックリポジショニングによる肝線維化抑制機構に関する検討


ポスター賞受賞者。左から、山田みなみ先生、大串悠斗先生、富谷智明、太田考陽先生、従野雅義先生。

▲ページの先頭へ