新世話人あいさつ

汐田 剛史
鳥取大学大学院医学系研究科 遺伝子医療学部門

 この度、肝細胞研究会の世話人に加えていただきます鳥取大学の汐田剛史と申します。肝細胞研究会は大変伝統ある研究会であり、日本の肝臓研究に携わる多数の研究者で構成される会ですので、楽しみである反面、緊張感も覚えています。
 小生の研究領域は、主として肝再生と肝癌の研究です。肝再生の研究は、古くはHGFのトランスジェニックマウスの機能解析から始め、現在は幹細胞から肝細胞への分化を研究しております。肝癌の研究は、発癌機序の解明とそれを応用した治療法の開発を目標にしています。最近は、ビタミンA(レチノイン酸)の機能解析を通じて、肝発癌の基本的なメカニズムの解明に繋がらないだろうかと考え、研究を進めております。
 本研究会を盛り上げるために、活発に活動したいと存じますので、皆様のご指導ご鞭撻よろしくお願い申し上げます。

▲ページの先頭へ